火を使わず食材を温めるモーリアンヒートパック

新着情報

日経MJに弊社発熱剤を利用した新商品が紹介されました。

2016.06.01(Wed)

弊社の発熱剤と技術提供を行い、株式会社開成の福元孝典社長は、防災用調理器具「フードレスキュー あたためくん」を開発し、日経MJを始めとした多くのメディアで紹介されました。

耐熱性の高いポリプロピレン製の容器のなかで発熱剤に少量の水をかけ、高熱の水蒸気で一度にたくさんの食品を温める仕組みで、アルファ米の場合、一度に8人分が温めることができます。

発熱剤を交換すれば、容器は約30回繰り返し使える丈夫な容器なので、非常時などでの本格的な炊き出しが始まるまでの集団生活の場で活用することができます。県内外のホームセンターなどで販売され、価格は1セット4,000円程度になる見込みです。

詳細につきましては、メディアリリースの該当項目をご覧ください。

日刊工業新聞(2016年5月27日)に取り上げられました。

2016.05.27(Fri)

日刊工業新聞(2016年5月27日)で、弊社の現在の事業内容を紹介して頂きました。

2013年に埼玉産業人クラブ第9回「埼玉ちゃれんじ企業経営者表彰 特別賞」を弊社代表の守屋は受賞しております。この度の掲載は、受賞当時から自社をどのように発展させ続けているかをクローズアップしたものです。

以前から高い評価を頂いている防災用発熱剤「モーリアンヒートパック」だけではなく、加熱時の副産物として出る水素を活用した入浴剤「水素バス」や、水道水を水素水に変える携帯用カプセル装置用の水素発生剤「MH-1」などの新製品についても紹介をして頂いております。

詳細につきましては、メディアリリースの該当項目をご覧ください。

 

防衛省陸上自衛隊2016年度下期「戦闘糧食Ⅱ型簡易加熱剤(加水型)」を完納

2016.03.31(Thu)

防衛省陸上自衛隊2016年度下期「戦闘糧食Ⅱ型簡易加熱剤(加水型)」を完納しました。

今回は上期の3倍弱にあたる130万個という過去の例にない数の戦闘糧食用加熱剤を、一般向け製品の繁忙期も迎えるなか、わずか2か月強という厳しい納期条件にも関わらず、最終納期である3月末に間に合わせることができました。

弊社製品は、防災・飲食・健康用途など様々な分野で、高い評価を頂いております。

社会情勢などの理由から大量生産の要請を頂いたとしても、弊社は求められる必要な数の製品をこれからも高品質に作り続けて参ります。

日刊工業新聞(2016年1月4日)に取り上げられました。

2016.01.04(Mon)

日刊工業新聞(2016年1月4日)で、売れ行きが好調なため、弊社製品(入浴用水素発生剤)が改めて紹介されました。

販売ルートは、イトーヨーカ堂、イオン、ローソンなどのグループ店舗、スギ薬局などに拡大しています。

詳細につきましては、メディアリリースの該当項目をご覧ください。

新たに特許を取得しました。

2015.10.02(Fri)

新たに特許を取得しました。

特許第5816769号
発明の名称:発電装置、発電装置の組立キットおよび発電装置の組立方法

 

1 / 912345...最後 »
ページのトップへ戻る